加茂川漁業協同組合 ◆ Kamogawa Fisheries Cooperative Association

夏休みに入り、遊泳やキャンプなどで
多くの方が加茂川を訪れておられます。

先日、空き缶、ペットボトル、プラスチック容器など
河川敷に放置されていると連絡を受け
遊漁者の方と一緒にゴミを集めて持帰りました。

たくさんの方々に親しんでもらえる川として
加茂川が憩いの場となっていることは
とても良いことだと思います。
最低限のマナーとしてゴミの持ち帰りをお願いします。

下の写真は今朝拾い集めたゴミです。
遊漁者の方から連絡を受けた日からゴミ袋を持ち歩いています。

気持ちよく利用できる川になるように
皆様のご理解とご協力をお願いします。

8.2-1 8.2-2


昨夜23時よりダム放流(最大100㌧)しています。
ご注意ください。
ダムの放流情報をご確認下さい。

※7月22日 16:00に放流を停止しました。


加茂川、水都橋下流に鰻生息環境改善支援事業として
今年3月に石倉を10基設置しました。
ニホンウナギ資源を保護するための国庫補助事業です。

7月10日に3基をモニタリング調査しました。
2尾のウナギを確認することが出来ました。

DSC_0795 DSC_0797-1

本事業を行うにあたり新たに禁漁区を指定し、
組合員、遊漁者の方々には制限をおかけすることになりますが
資源保護の為、ご理解ご協力をお願いいたします。


宮崎大学よりサツキマスの遺伝系統研究のため
サツキマスの脂ビレ採取の協力依頼を受けています。
ご協力いただける方は採取方法等を載せておきますので
お手数ですがご協力お願いします。
       ↓
サツキマス脂ビレ採取のお願い

☆ 先日のサツキマスは脂ビレを提供して頂きました。
  ご協力頂きありがとうございました。


先日、遊漁者の方から連絡を頂き
サツキマスの写真(☆今年初確認☆)を撮らせてもらいました。

サツキマスNo1

今年は瀬切れの期間が長く、鮎の遡上も大きな影響を受けました。
今の加茂川は先月末からの雨により川の水が増えてきています。
この先しばらく雨予報が続いていますので
良い状態に変わってくれるのではないかと期待しています。


当組合ではウナギ資源保護の取り組みを行っています。
令和5年3月31日までの期間
水都橋より500m下流までが禁漁区となります。

 ↓ 水都橋下流の禁漁区位置図です。
禁漁区位置図


本日16時よりダム放流(最大200㌧)予定です。
ご注意ください。
ダムの放流情報をご確認下さい。

※7月4日 8:00に放流を停止しました。


DSC_0851 P1030589
P1030598 DSC_0781

本日アユ200kgを加茂川本流、下記場所に放流しました。
                記
高速下 40k 舟形橋 30k 釜の口バス停上 25k 釜の口バス停 20k 
釜の口堰下 25k 漁協前 20k トリム公園上 20k トリム公園下20k 
                            計 200Kg 


今週半ばより雨の予報です。
まとまった雨を期待したいところです。

6月29日に鮎の追加放流を予定しています。
放流量、放流場所は放流後お知らせします。


加茂川の漁場(最下流)位置図です。
わかりづらいと思いますが小さい標識があります。

加茂川漁場区域